LIFE

関東近郊のレズビアン(LGBT)向け不動産を5つ紹介!

レズビアン(LGBT)の方で不動産を利用する際に不快な思いをした経験をお持ちの方はいませんか?

 

 

単身者であればまだしも、パートナーとの同棲のために引っ越しを考えて不動産を訪れた際に、「二人入居可」の物件であっても同性同士であることを理由に断られたり、二人の関係性を根掘り葉掘り聞かれたり……。

そこで今回は、レズビアンの方におすすめしたいLGBTフレンドリーな不動産を5つ紹介します。関東近郊にお住まいの方々、引っ越しを考えている方々は必見です。

l2

レズビアン向けの不動産(1)SUUMO

CMでもおなじみの不動産会社「SUUMO」では「SUUMO for LGBT」と銘打ち、「LGBTであることを理由に入居を断らない」ことに同意した物件をピックアップ。

関東近郊はもちろん、北は北海道、南は九州までエリアを広げ、全国のLGBTに対しておすすめの賃貸情報を開示しています。

レズビアンに嬉しい賃貸情報を見るには「SUUMO for LGBT」へはこちらからアクセスするか、「SUUMO」の賃貸情報ページのキーワード欄に「LGBTフレンドリー」と入力すればOK。

大手不動産会社なだけあり、該当物件数の多さが魅力です。

l3

レズビアン向けの不動産(2)LGBT不動産

続いてご紹介するのはその名もズバリ「LGBT不動産」。不動産のみならずホームページ上にコラムを掲載するなど、LGBTにとって有益な情報を提供している会社です。

「LGBT不動産」では賃貸物件のみならず、売買物件も多数掲載。LGBT向けの住宅ローンも連携しているため、家の購入をお考えのレズビアンの方々におすすめです。

しかしながら2018年11月現在で対応エリアは都内のみとなっており、

  • 港区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 杉並区

と、23区の中でも比較的お高めな地域に限定されているため、利用のハードルはやや高めといえるかもしれません。今後のエリア拡大に期待がかかります。

洗練されたホームページは一見の価値あり。「LGBT不動産」へのアクセスはこちらから!

l4

レズビアン向けの不動産(3)IRIS

スタッフ全員がLGBTである不動産「IRIS」では、当事者ならではのきめ細やかなサービスを受けることができます。

対応エリアは都内のみですが、LGBTフレンドリーを謳うシェアハウスも紹介。

特筆すべきは、LGBTのライフプランニングにまで対応している点。ファイナンシャルプランナーが気になる保険や資産運用、投資信託のほかLGBTの終活や老後についてなど、様々なお悩みの相談に応えます。

「IRIS」での部屋探しの際には問い合わせフォームからの連絡が必須です。こちらからアクセス!

l5

レズビアン向けの不動産(4)ADVANCE HOMES

賃貸モアプラス

「ADVANCE HOMES 賃貸モアプラス」はLGBTフレンドリーを掲げるナイトワーク関係者向け不動産会社です。

対応エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉と、LGBT不動産のなかでは広め。

また営業時間が10:00 ~ 22:00と、不動産としては比較的遅くまで営業しているので、学校や仕事の帰りに立ち寄れるのも嬉しいポイントです。

ホームページ上にはチャット機能があり、リアルタイムでスタッフと会話できるため、部屋探しで気になる点があれば気軽に問い合わせることができます。

「ADVANCE HOMES 賃貸モアプラス」のホームページはこちらから!

h8

レズビアン向けの不動産(5)RAINBOW ESTAT

世田谷区で不動産購入をするならLGBTフレンドリーな相談窓口「RAINBOW ESTAT」の利用がおすすめです。

「RAINBOW ESTAT」では不動産紹介のほか、適正な住宅ローンの提案や審査代行サービスを行っており、一生を左右する可能性のある住宅選びをサポート。

また銀行融資や税金、相続に関する勉強会などを定期的に開催し、住宅購入をお考えのLGBTの方々の不安を解消します。

世田谷区といえば渋谷区に次いでパートナーシップ制度を導入した地域。「RAINBOW ESTAT」は同性カップルの住宅購入の強い味方といえます。

「RAINBOW ESTAT」へのアクセスはこちらから!

l11

レズビアン向けの不動産で快適な引っ越し&住宅購入を!

数ある不動産会社のなかでも、LGBTフレンドリーを掲げる不動産はまだごくわずか。

ここ数年で増えた印象はありますが、対応エリアが東京のみであったりと、なかなか全国区に展開していないのが現状です。

だからといって引っ越しや住宅購入など、新生活に向けて訪れた不動産会社で嫌な気持ちにさせられたくありませんよね。

転ばぬ先の杖ということで、部屋探しの際にはやはりLGBTフレンドリーな不動産会社を利用することがおすすめです。

レズビアンをはじめとするLGBTの方々の新居探しがより良いものになりますよう心よりお祈り申しあげます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Bridge Lounge

App Store