LIFE

LGBTにフレンドリーな不動産仲介業者はないか、不安に思っている方はいないでしょう か?

確かに、いくらオープンになりつつある日本とは言えども、まだまだLGBTに偏見を持つ 人が多いのは確かです。 そんな中で、LGBTにフレンドリーな会社はないか探してみました。それから今後のLGBT への不動産仲介業者の展望についても触れてみました。

同性愛者にセクハラ的な扱いをする仲介業者

同性同士で物件を探すと、通常の不動産仲介業者に、セクシャルハラスメント的な嫌な思 いをさせられたLGBTの人達は多いです。

*LGBTとは、 L…レズビアン G…ゲイ B…バイセクシャル T…トランスジェンダー という意味です。

LGBTが住居を探していると、とある大手不動産会社は、男同士の入居を断ってしまった り、また、別の不動産会社では、「デキてるの?」などと、奇異の目で見られて不快な思 いをさせられた人達もいます。そんな嫌な思いをして、なんとか仲介業者の許諾を得られたとしても、今度は、家賃保証 や管理会社、大家といった壁が待ち構えています。 さらに、同居するパートナーが同性愛者であることを家族にしらせなければなりません。 しかし、そういったことができず、保証人になってくれる人がいないということも少なく ありません。

Photo by Ben Rosett on Unsplash (1)

仲介業者モデルケース LGBTの多い新宿では?

新宿には、新宿2丁目もあるので、比較的LGBTにもフレンドリーな仲介業者が多いようで す。

そのため、男二人で暮らしたいことを率直に言っても、受け入れていただけるケース も多いとのことです。

ただし、断られるケースも、もちろんあります。 理由としては、

・たまり場にされやすく、うるさくされることがある
・喧嘩されると近所の迷惑になるほど激しい場合もある
・連れ込みも多い

と、いったところです。

これは差別というよりは、今まで同性愛者で入居した人たちによ るモラルのなさが原因といっても、過言ではないでしょう。 入居者が周りに配慮する、これは異性愛者でも、同性愛者でも、必要な気配りですね。

Photo by Ben Rosett on Unsplash (2)

LGBTにフレンドリーな仲介業者といえばズバリ!

池袋にある不動産屋、その名も「LGBT不動産」! もう、名前からして「うちはLGBTにはフレンドリーです」と、はっきり謳っています。

友達同士で借りたいとか、怪訝な顔をされないかと、不安になる必要もなく、堂々と「同 性同士の恋人です」と言って借りられる不動産仲介業者の1つです。 LGBT不動産は、部屋探しにそれなりの実績をもったリブスター不動産が、2013年6月に立 ち上げた不動産事業です。

「LGBT不動産」と検索エンジンにかければ、すぐ上位に出てきます。 そこのサイトにあるお客様の声を拝見したのですが、良い評判が多数見受けられました。 不快な思いをせず、スピーディな対応で部屋を借りられるのは、理想ではないでしょうか。

mercedes-mehling-718727-unsplash

地方にもLGBTフレンドリーな仲介業者がある!

福岡県福岡市にある、「三好不動産」は、とてもLGBTフレンドリーな賃貸物件の仲介を 、2017年11月から行っています。

SNSでもLGBT向けの部屋探しの手伝いをしていることを発信し、そして口コミや紹介と いった方法で、問い合わせも増えてきているといいます。 愛知県にも、有名どころで、「株式会社ブルーボックス」という、LGBTにフレンドリー なシェアルームがあります

LGBTにフレンドリーな仲介業者 今後は?

2015年に東京都渋谷区で同性パートナーシップ条例が成立し、急激な勢いで社会的認知が なされています。

しかしまだ、不動産業界では、一部不動産会社、家賃保証会社、大家の 偏見から、部屋を借りるのが難しいケースも多数あります。

LGBTで、とくに住居に関して敏感なのは、レズビアンの人達で、将来が不安で、できる だけ早めに、40歳くらいでローンを組んで、買いたいという要望が高いようです。 LGBTに理解のある業者を見分けるには、名刺を受け取った時、気づく人もいるようです 。

例えば、名刺にレインボーマークがあると、LGBTの人達なら、それとなく気づく人も多 いのではないでしょうか LGBTに対する偏見を持っている不動産仲介業者もいますが、LGBTフレンドリーな仲介業 者もいます。

今後は、一般の会社でもLGBTにフレンドリーなところも増えているため、 社会的に存在を認めてくれる人や企業も増えるでしょう。

krista-purmale-1084488-unsplash2

多様化する街だからこそ変化を期待

LGBTだからといって、不安にならず、まずは調べてみましょう。友達や知り合い、バ ー、インターネットなど、情報源は沢山あります。

特に東京はダイバーシティ(多様化す る街)といわれる昨今。LGBTに限らず、外国人、障碍者、様々な人が大事な住居を探し 、それを手伝う仲介業者も増えてきています。

Photo by Erik Lucatero on Unsplash (2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store