LIFE

10月21日(10月の第三土曜日)に名古屋レインボーハロウィン2017というイベントが名古屋のゲイタウンとして有名な女子大エリアのクラブ、トランジットスタジオ・ラゲージにて開催される。

 

http://twitter.com/nijihalloween

DJwE1k2VoAEL9DW

 

パーティーを盛り上げる4つの主催団体!

第一回は昨年。テーマにもなっているLGBT+ALLYの小規模ながらもあたたかくフレンドリーな雰囲気のパーティーだった。今回で二回目の開催となるが、今回は名古屋のLGBT各セクシャリティの最先端で活動をする4組が共同主催というカタチを取っている。

東京や大阪などの知人・友人によく言われるのだが「名古屋はLGBT各セクシャリティに壁がなく、どのセクシャリティも友人関係や協力関係にありとても驚く。」とのことだ。

その一致団結感はこのレインボーハロウィンというイベントにも発揮されている。では、主催4組を紹介していこう。

NSM=(http://nsm-equal.net

まずレズビアンチームの代表は名古屋発のLGBTアイドルグループ「NSM=」

レズビアンシーンだけではなく、全国のレインボーパレードやイベントなどで活躍している彼女達。メンバーはレズビアンだけではなく、バイセクシャルやトランスジェンダーなど多岐に渡る。最近では新メンバーも3名増え、新曲、一人tearsもリリースした。レインボーハロウィンでも新曲を含めた素晴らしいショーケースを見せてくれるに違いない。

 

Image_f8f2a0f

ライラグレイル(queen-lyra.com

次はゲイチームの代表。こちらは2017年に立ち上げた、全国でも珍しいドラァグクイーン派遣会社ライラカンパニーの代表「ライラグレイル」が務める。

名古屋のクラブシーンで最も知名度があり、一般認知も高いライラグレイル。彼女は最近ではレインボーパレードなどでも積極的に啓発活動に努めている。奇抜でとにかく目立つドラァグクイーン姿での啓発活動への参加は当事者内でも賛否はあるが、私はサブカルチャーと密接な関係にあるドラァグクイーンが素顔だけではなくクイーンとして活動することは一般層に非常にわかりやすく、とにかく興味を持ってもらいやすいのではないかと好意的に思っている。

何より彼女は賢く、非常にたくましい。LGBTという言葉が浸透していない時代から一般のクラブシーンや学園祭などで活躍しTV出演やCMに起用されるなど実力・実績ともに確かだ。

一般層への啓発活動というのは難しい言葉を並べて、権利や主張をアピールするだけでは難しいと思う。どんな人間だって先ずはイメージだ。お互いに興味を持ち、良好な関係を構築し、愛し愛されることだ。確かな人間性と良好なコミニケーションの上でネゴシエーションは始まると思っている。ライラグレイルにはその先陣を切る力と存在感があると思う。

レインボーハロウィンではショーケースだけではなく、ライラカンパニー所属のドラァグクイーンと共に賑やかなフロアを作り出してくれるに違いない。

 

ライラグレイル

 

太田有矢(www.facebook.com/active758/

次はトランスジェンダーチーム(FtM)の代表、太田有矢。

彼は名古屋で唯一のFtMクラブイベント「acTive」を主催する。

また、活動家としての講演活動やドキュメンタリー番組への出演だけではなく、性別変更を考えている性同一性障害の方達へのトータルサポートを行っている「G-pit net works」の一員としてFtMの方たちの頼れる兄貴として存在感を放っている。acTiveクルーはレインボーハロウィンではDJやパフォーマーとして登場するようだ。

Image_0c71c2f

D/R PARTY(dr-party-jpn.com

最後は名古屋で年4回開催されている女装・ニューハーフ系クラブイベント「D/R PARTY」チーム。

今年で5年目になるD/R PARTYは非当事者だが趣味で女装をする女装家や、ニューハーフという職業を生業にするトランスジェンダー、世間に埋没し生活をするトランスジェンダーが女性装を共通点に集まるクラブイベントだ。

MtFトランスジェンダーというコミュニティはどのセクシャリティよりも色とりどり。人の数だけ思想や願望、目指すものが違うという複雑な世界だ。そして人によっての性的指向もバラバラ。女装家の中には、女装時だけは男性も恋愛対象になるという潜在的バイセクシャルとでも言うのだろうか、そのような方が多いのも興味深い。

 

DR

 

その他の演者陣にはLGBTに関する偏見などを持たないALLYの面々も登場する。

名古屋・女子大エリアはゲイカルチャーとクラブカルチャーが同居するエリアだ。

私は女子大エリアに足を踏み入れたのはナイトクラビングからだった。それからMtFトランスジェンダーとしてゲイバーやMixバー、レズビアンバーなどに遊びに行くようになった。今では女子大エリアのどちらの側面も行き来している。

私の見解としては、クラブカルチャーに関わる非当事者は当事者に対しての正しい知識は持ち合わせていなくても偏見や差別意識は全く無いという方が多い。音楽活動やパフォーマンス、クラブカルチャーを共に楽しむという共通点が非当事者、LGBT当事者の垣根を無くす事に確実に繋がっていると感じる。

多種多様なセクシャリティと日本にも根付いたハロウィンパーティーという明るいお祭り(日本独自の進化とも言えるが…)の合わせ技はLGBT内にも存在するセクシャリティの壁を超え、一致団結し、さらにはALLYを増やす新しいLGBTムーブメントとなるパワーを持っている気がしてならない。

*********************

[レインボーハロウィン2017]

開催日時/2017.10.21(sat)

開場/21:00〜05:00

場所/トランジットスタジオラゲージ(https://luggage.amebaownd.com
愛知県名古屋市中区栄4-17ユタカビル2F

入場料/ADV:2500yen  DOOR:3000yen

会場

 

*********************

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store

Ranking