NEWS

現地時間の2021年10月27日、オーストラリアの「アデレード・ユナイテッド」に所属するジョシュ・カヴァロが、SNS上でゲイであることをカミングアウトした。
これにより、ジョシュは全世界の現役男子プロサッカー選手の中で、ゲイであることをカミングアウトしている唯一の選手となった。

football

南オーストラリア州を代表するチームに所属している21歳のジョシュは、ゲイであることを明かした気持ちをツイッターでこのように明かした。

今日、私は自分の人生でようやく話せるようになった個人的なことについて話す準備ができています。 私はゲイであることを公に発表できることを誇りに思います。私は6年以上セクシュアリティと戦ってきましたが、それに終止符を打つことができてうれしいです。

私が本当は誰なのかを隠し、子供の頃からずっと望んでいた夢を追いかけ、サッカーをし、平等に扱われることは、決して現実のようには感じられませんでした。 ゲイのクローゼットのサッカー選手である私は、プロのサッカー選手の型に合うように自分の気持ちを隠すことを学ばなければなりませんでした。
同性愛者として育ち、サッカーをすることは、これまで交わることのない2つの世界にすぎませんでした。 私はこれが決して話されるべきではないトピックであると思い、私の人生を生きてきました。
ゲイのサッカー選手として、私は他のプレーヤーが隠して生きていることを知っています。 私はこれを変えて、誰もがサッカーの試合に歓迎され、本来の自分になる権利があることを示すことを手伝いたいと思います。
現在、オーストラリアだけでなく世界中で、積極的にプレーしているゲイのプロサッカー選手がいないことを知っているのは驚くべきことです。 うまくいけば、これは近い将来に変わるでしょう。 私が誰であるかを共有することで、LGBTQ +として識別される他の人にサッカーコミュニティで歓迎されていることを示すことができることを願っています。 サッカーのゲームが拡大し続ける中、私はゲームをさらに進化させ、私と同じ状況にある他のプレイヤーに自分たちだけではないと感じさせたいと思っています。

彼はスポーツ選手、そして男性サッカー選手に特有の葛藤を抱えていた。

さらに、彼は所属するアデレード・ユナイテッドの公式ツイッターから、動画をツイート。自信の言葉で、これまで隠してきた苦悩と、カミングアウトできた喜び、そして解放感について語った。

「私は他のプレイヤーと平等に扱われたいだけです。本来の姿を隠してサッカー選手でいるという二重生活を送ることは、とても疲れてしまいます。誰にも経験してほしくないことです。」


ゲイ専用結婚相談所ブリッジラウンジ
面談予約はこちら

ogp_1200x630-1024x538

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

LGBTQ関連の法整備について

LGBTQ関連の法整備 世界ではLGBTQ関連に関する法整備が進みつつある。 LGBTQ関連に関する法律は、『同性婚法』『差別禁止法』『トラ...

NEWS

【HIV予防】ゲイとPrEP

PrEPとは PrEP(プレップ)とは、性行為前に薬を内服するHIV予防法。 PrEPは方法名称のことで、実際は「ツルバダ」「デシコビ」とい...

Bridge Lounge

App Store