NEWS

ハーバード大学は、トランプ氏の当選にショック状態だという。

ヒスパニック系アメリカ人男性の同級生は、泣きながら語った。
 「自分の存在、尊厳、価値、“アメリカ人”であることを証明するのに、もう疲れ果てた。アメリカという国は黒人、アジア系アメリカ人、ヒスパニック系アメリカ人、LGBT、障害者、女性をはじめとする少数派を好まないかもしれない。でも、諦めずに、お互いが力を合わせれば乗り越えられると信じている」(日経ウーマンオンライン 2016/11/15)

オバマ氏が進めた、人種や性別へ寛容な社会に対して、保守層が反発しているのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LIFE

NEWS

群馬県、LGBTの里親 認定の意向

昨年12月に、全国初の「同性カップル」が里親として、大阪市から認定された事例を踏まえ、 群馬県も性的少数者(LGBT)のカップルであっても、...

App Store

Google Play

Ranking