NEWS

弁護士による、LGBTへの支援の輪が広がっている。その一例として、新潟県弁護士会の取り組みを紹介したい。

男女共同参画週間(23〜29日)に合わせ、県弁護士会は23日、性的少数者(LGBT)の権利問題に特化した無料電話相談会(通料は必要)を開く。企画する同会人権擁護委員会の中沢泰二郎委員長(42)は「ご本人の悩みに寄り添う姿勢で相談を受けたい。すぐに回答が出ない場合でも引き続き、何かしら良い方法がないかを考えていきたい」と話す。(朝日新聞デジタル 2016年6月4日)

興味深いのは、「事前の心構えがないと、弁護士として率直な質問をした際に悪気無くポッと言ったことが、相談者を傷つけてしまうところがある」(前掲)との中沢委員長の発言である。

過剰に意識する必要は無いと思うが、質問内容が偏見・差別的になっていないかどうかに配慮する必要があると思う。

一方で、各地方の弁護士会のLGBT支援が広がることは、とても良いことと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

同性婚、東京地裁判決日が迫る

同性婚を認めぬ規定 2022年11月30日、東京地方裁判所にて同性婚を認めぬ規定に対し判決が言い渡される。 2019年2月、同性婚を認めない...

NEWS

国際男性デーとゲイ

「国際男性デー」とは、100年以上の歴史がある3月8日の「国際女性デー」に比べて知名度は低いが、日本国内においても男性の役割や健康について考...

Bridge Lounge

App Store