NEWS

博報堂グループの株式会社LGBT総合研究所(東京都・港区)は、LGBTに関する調査を公表した。

全国の 20~59 歳の個人100,000 名(有効回答者数 89,366 名)を対象に実施したスクリーニング調査の結果、LGBT に該当する人は約5.9%(レズビアン:1.70%、ゲイ:1.94%、バイセクシャル:1.74%、トランスジェンダー:0.47%)、また LGBT にあてはまらないAセクシャルなど、その他のセクシャルマイノリティに該当する人は約 2.1%となりました。(LGBT 総合研究所レポート)

全体で見ると、データ上は約 8.0%がセクシャルマイノリティに該当する結果となった。また、同レポート内では「LGBT」という認知度の上昇や、教育機関でのLGBTへの配慮なども取り上げられている。

なお、詳細のレポートはこちらから見ることが出来る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

同性婚、東京地裁判決日が迫る

同性婚を認めぬ規定 2022年11月30日、東京地方裁判所にて同性婚を認めぬ規定に対し判決が言い渡される。 2019年2月、同性婚を認めない...

NEWS

国際男性デーとゲイ

「国際男性デー」とは、100年以上の歴史がある3月8日の「国際女性デー」に比べて知名度は低いが、日本国内においても男性の役割や健康について考...

Bridge Lounge

App Store