NEWS

米国・ノースカロライナ州において、LGBTを実質的に差別する法案に対し、各企業のCEOが反対の署名を行っている。

同法案は差別禁止条例を削除し、実質式にノースカロライナ州法がをLGBTの人々を差別するものにする。具体的には、公立学校のトランスジェンダー生徒に、自己の性別認識と異なるトイレなどの施設を使うことを強要する。法案は先週水曜日(米国時間3/23)に議会を通過し、同夜マクロイ知事が署名して成立させた。

書簡には、80人以上のCEOか署名し、Facebook CEO Mark Zuckerberg、TwitterおよびSquare CEO Jack Dorsey、Apple CEO Tim Cook、Google CEO Sundar Pichai、およびSalesforce CEO Mark Benioffらが名を連ねている。(2016/03/30techcrunch

全米で同性婚が合憲化された後も、このようにLGBTへの対応は地域によって様々である。より多様で、働きやすい社会をつくるためには、民間企業と連携しながら進めることが重要になる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

同性婚、東京地裁判決日が迫る

同性婚を認めぬ規定 2022年11月30日、東京地方裁判所にて同性婚を認めぬ規定に対し判決が言い渡される。 2019年2月、同性婚を認めない...

NEWS

国際男性デーとゲイ

「国際男性デー」とは、100年以上の歴史がある3月8日の「国際女性デー」に比べて知名度は低いが、日本国内においても男性の役割や健康について考...

Bridge Lounge

App Store