NEWS

渋谷区、世田谷区が同性カップルに対して交付している「結婚に相当する関係」と認める証明書(いわゆる「パートナーシップ証明書」)きっかけに、夫婦割引の対象が広がっている。

自動車保険もその一つだ。

損害保険各社が同性のパートナーでも自動車保険の割引を受けられるようにする検討に入った。異性の夫婦間で適用される割引制度について、同性でも結婚にあたる関係だとわかれば保険料を1割弱安くする。自治体が発行する証明書の提出などが条件。2017年の制度改定を目指す。(日本経済新聞2016/1/7)

パートナーシップ証明書があることで「家族」と認められるため、今後も様々な夫婦割・家族割がLGBTにも適応される動きになりそうだ。

現状では渋谷区、世田谷区民の同性カップルしかパートナーシップ証明書を受け取れないという問題もあるが、企業には早期の段階から積極的に取り組みを行うべきだ。なぜなら、こうした企業の動きがLGBTの社会への認知にも大きく貢献することになるからだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

同性婚、東京地裁判決日が迫る

同性婚を認めぬ規定 2022年11月30日、東京地方裁判所にて同性婚を認めぬ規定に対し判決が言い渡される。 2019年2月、同性婚を認めない...

NEWS

国際男性デーとゲイ

「国際男性デー」とは、100年以上の歴史がある3月8日の「国際女性デー」に比べて知名度は低いが、日本国内においても男性の役割や健康について考...

Bridge Lounge

App Store