NEWS

中国では同性愛を裁く法はないものの、同性婚は法的に認められていない。

その中国で初めて、同性婚を求める訴えが受理された。

中国湖南省の省都である長沙の裁判所は、同性愛者の男性が同性婚の権利を求めて起こした訴えを受理した。(略)スンさんはロイターに対し、「中国の婚姻法は婚姻の自由とジェンダーの平等をうたっている。これは同性婚にも適用が可能だ」と話している。(ロイター2015/1/5)

以前までは訴えがあっても受理されることはなかった。それは「結婚は男女間のもの」という古い考えに縛られていたからだ。

同性婚に対する考え方はここ数年で大きく変わった。今までは事実があったにもかかわらず、報道すらされなかった。しかし近年はLGBTを社会的問題として取り扱うマスコミも多い。中国でも同性婚が認められればアジア初となるが、本来は2020年にオリンピックを控えているこの日本がムーブメントをリードしなければならないはずだ。

今後の動きに注目である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

同性婚、東京地裁判決日が迫る

同性婚を認めぬ規定 2022年11月30日、東京地方裁判所にて同性婚を認めぬ規定に対し判決が言い渡される。 2019年2月、同性婚を認めない...

NEWS

国際男性デーとゲイ

「国際男性デー」とは、100年以上の歴史がある3月8日の「国際女性デー」に比べて知名度は低いが、日本国内においても男性の役割や健康について考...

Bridge Lounge

App Store