LOVE

読売新聞の記事を紹介したい。

ハワイの大学へ留学していた佐藤可奈子さんは、現地で日系人男性カップルの「LGBT婚」を行い、その経験を以下のように語っている。

「留学前はLGBTに関心があったわけではなかった」と話す佐藤さん。日本で当事者たちを見ても「周囲の理解が得にくく、つらいだろうな」と思うだけだった。

 その考えは留学先のハワイで大きく変わった。LGBTであると告げられることは日常的。大学のオリエンテーションでは、薬物の使用禁止の啓発とともに、LGBTの権利擁護を訴える映像が流され、LGBTのためのデモ行進には子連れの夫婦も参加していた。互いに理解しようとする姿に共感し、「日本でもLGBTに関心を持つ土壌が必要なんだ」と感じた。YOMIURI ONLINE2017/03/18)

また、以下のようにも話す。

具体化はまだだが、「海外のLGBTの人たちが奈良で挙式する姿を知れば、日本でも理解が進むのでは」(前掲)

日本ではあまり海外の情報は流れてこないが、LGBTの周りの環境は大きく変わってきている。今後もその流れを追っていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store

Google Play

Ranking

4位

LIFE

ゲイの先生が直面する3つの困難(下)

今回も、前回の記事に引き続いて、筆者自身や知り合いのゲイ・バイセクシュアルの先生の体験談を元に「ゲイの先生が直面する困難」を紹介しよう。 &...