WORK

ここ数年、海外の企業が次々にLGBT広告を出している。 会社自体がLGBTに寛容であることを示し、「フレンドリーさ」をアピール。 日本では見慣れないが、欧米はじめ海外ではすでに当たり前の光景である。 有名企業が打ち出すLGBT広告をまとめた。

ティファニー

ティファニー

wishestrumpet.com

結婚指輪のキャンペーンの時に用いられた写真。 ゲイカップルの結婚もアメリカでは珍しいものではなくなっている。 この広告にはどんなカップルも愛の象徴として指輪をつけて欲しいという思いが込められている。 ティファニーはこれ以外にも同性婚をテーマにしたファッションショーなど、LGBTに向けての様々な企画を行っている。

JCペニー

JCペニー

blog.livedoor.jp

アメリカのデパートチェーンJ.C.ペニーのカタログ。 「父の日」に出されたもので、実際のゲイカップルが起用されたたことで話題になりました。 写っている子どもたちも彼らの子供です。 また「母の日」には実際のレズビアンカップルと子どもたちの写真が掲載されました。

アバクロンビー&フィッチ

アバクロ

chuvachienes.com

通称「アバクロ」の名で日本人にもファンが多いAbercrombie & Fitch。 プロモーションにレズビアンを起用したり、写真のようにゲイを使ったりLGBT広告にはかなり積極的。 LGBTが働きやすい企業としても知られており、当事者のなかでも根強いファンが多いブランドです。それにしてもかなり攻めの写真。アバクロのLGBTの広告には白黒のハイセンスな広告が多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store

Google Play

Ranking