WORK

いわゆる保守系の全国紙が、LGBTに懐疑的な記事を掲載している。LGBTに関する懐疑的意見に対処していくことは、LGBT当事者・支援者にとって避けては通れない道だ。あえて、反対意見の内容を紹介し、LGBTに関する議論が深まればと願う。

be905448a2809d0d8820be8f4e2aab40_s

出典:photo-ac.com

「渋谷区の条例は結婚の意義を脅かす存在だ」ーーー。麗澤大の八木秀次教授(憲法学)は、産経新聞のWEBニュース(2015/3/31)で、渋谷区の同性カップルにおけるパートナーシップ条例に対して、懐疑的な意見を述べた。

新聞各社は、自社の主張を社説で発信するのは知られているが、掲載をする記事を通じても、その主張を発信することがあると言われている。

その中でも、産経新聞と読売新聞は、LGBTにおける進歩的な考え方に懐疑的な姿勢を示していることが伺える。 具体例を交えて紹介していこう。まずは、渋谷区の同性パートナーシップ制度制定日(11月5日)の翌日に、同制度について見解を示した舛添都知事の発言を掲載した産経新聞を見てみたい。

産経新聞の見解

同紙は、性的少数者に対する差別や偏見はあってはならないとしながら、同性パートナーシップ制度に対して、慎重な意見を示す都知事の見解を紹介。その中で、都知事の 〈憲法の規定は両性の合意のもとと書いてあるとおりであって、家族制度ということについては今、憲法の規定もあって、これはもう少し広く国民的な議論が必要だろうと思っておりますので、渋谷区と世田谷区が(引用者注:同性パートナー制度を)そういう形で先行的におやりになったということを、その成果を含めて注意深く見守っていきたいと思っております〉(産経ニュース 2015.11.7)という発言を紹介した。

筆者が、このニュースの同日の他の全国紙と東京新聞を確認した限りでは、舛添都知事の慎重な立場について、掲載したのは、産経新聞のみであった。

さらに、産経新聞と読売新聞は、同性婚を合憲と認める米連邦最高裁の判決が出た後も、同性カップルへの結婚証明書の発行を拒否した、米南部の郡庁の書記官について報道。発行拒否が宗教上の理由であることを示したうえで、宗教保守派から支持されていることや、〈これは同性愛者への差別ではなく私の信仰の問題〉(読売新聞朝刊 2015/11/10 7面)との、書記官の声を紹介している。

このように、産経・読売は、同性婚に一定の理解を示しつつも、慎重または懐疑的な意見であることがわかる。

LGBT当事者や支援者にとっては、LGBT否定派の意見は、聞きたくないことだろう。
一方で、自分の意見と異なる人たちの意見に耳を傾けることも重要だと、筆者は思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store

Google Play

Ranking

5位

LIFE

ゲイの先生が直面する3つの困難(下)

今回も、前回の記事に引き続いて、筆者自身や知り合いのゲイ・バイセクシュアルの先生の体験談を元に「ゲイの先生が直面する困難」を紹介しよう。 &...