WORK

米大統領のトランプ氏の、LGBTに対する保守的な政策への非難が相次いでいる。
6月11日には、米ワシントンで抗議デモが行われた。
ある参加者の声を紹介したい。
「反LGBTの側近がトランプ大統領を操っている」と指摘。1980年代にはエイズで亡くなった友人のパートナーが法的権利がないため死に目に会えなかったこともあると回顧し「我々は少しずつ権利を勝ち取ってきた。進歩の波を引き戻すことはできない」(日本経済新聞2017/06/12)

トランプ氏のLGBTに対する一連の発言は、首尾一貫していないと感じる。
このような抗議デモが、さらに多くなれば良いと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store

Google Play

Ranking