WORK

日本IBMの同性パートナー登録制度の登録者第1号である、川田篤氏が、朝日新聞に掲載されていたので、紹介したい。川田氏は、同社のLGBT社員のために、働きやすい職場環境を、10年以上にわたって構築した。また、去年の春には、多数の同僚を前にカミングアウトをした結果、下記のように思ったそうだ。

「IBMが多様性を受け入れる文化を持っていて、自分が成長できた」

(朝日新聞デジタル 2016年3月18日)

筆者は、川田氏と話をしたことがあるが、とても気さくな方であった。前掲の朝日新聞の記事によると、川田氏の活動や同社の取り組みが、他社のモデルとなり、広がりを見せているという。この流れが続くことを期待したい。

※画像は、日本IBMの情報発信ブログ「IBMblr Japan」から

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store

Google Play

Ranking

5位

LIFE

ゲイの先生が直面する3つの困難(下)

今回も、前回の記事に引き続いて、筆者自身や知り合いのゲイ・バイセクシュアルの先生の体験談を元に「ゲイの先生が直面する困難」を紹介しよう。 &...