WORK

被災地で、LGBT団体を立ち上げ予定だった当事者が自殺をしてしまったという記事(朝日新聞夕刊 11面 2016/2/23)があった。記事によると、JR仙台駅に近い10階建てのビルから、身を投げたという。筆者が注目したのは、「ひとりで悩まないで。ここにもいるよ!」(前掲)と、前向きな発言をしていたにも関わらず、自らを殺めてしまったということだった。

自殺をした当事者のパートナーの見解を紹介したい。

桜さん(前出の自殺をしてしまった方)は、自身が病気がちで敬海さん(桜さんのパートナー)の役に立てないことを、負い目に感じていたようだった。(前掲)

他者の、外には表さない心境や気持ちを知ることは、とても難しいことである。他人に対する思いやりの心を持ち続けることしかないのだと思った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store

Google Play

Ranking

5位

LIFE

ゲイの先生が直面する3つの困難(下)

今回も、前回の記事に引き続いて、筆者自身や知り合いのゲイ・バイセクシュアルの先生の体験談を元に「ゲイの先生が直面する困難」を紹介しよう。 &...