性別移行(性同一性障害)のうち、特に身体的性別に対する違和感・嫌悪感が強く多くは性別適合手術をも必要とする症例を指すとされるが、これはWHO(世界保健機構)でのICD-10の定義(F64.0)に過ぎず、実際世界的にこの言葉は「出生時の外性器(身体)の性別とは反対の性同一性を持つ現象」を指す言葉として広く用いられている。(Wikipediaより)

トランスジェンダーとの違いとしては整形外科手術を希望するかしないかという点である。(外科手術以外にもホルモンの注射をする場合もある。)

外科手術をする場合、免許証やパスポートなどの写真で同一人物と認められないないことや治療を受けられる病院が限られており海外でしか手術ができないなど当事者の抱える問題は多い。

一覧へ戻る

App Store

Google Play

Ranking