NEWS

名称未設定のデザイン (74)

ゲイ映画『シングル・オール・ザ・ウェイ』

愛とは何だろうか。

この映画から、考え、教わった。

2021年、Netflixで大ヒットとなった『シングル・オール・ザ・ウェイ』、主人公・ゲイのピーターを中心に物語が進むこの映画は、ゲイ映画として一躍話題となった。

ゲイ映画とは言ったものの、この映画のポイントはゲイであることではない。

ゲイであろうとなかろうと、この映画は成り立つということ。

それこそが最大の魅力と言える。

迫ることクリスマスまであと数日

恋人と一緒に観るのもよし、恋人と過ごすクリスマスを想像しながら映画を観るもよし。

今一番おすすめしたい映画のあらすじは以下の通り。

名称未設定のデザイン (75)

あらすじ

もうすぐクリスマス。

今度こそ家族に恋人を紹介できると張り切っていたが、まさかの直前でフラれてしまう。

独身でいることを家族からとやかく言われまいと必死のピーターは、親友のニックに恋人のふりをしてもらうと妙案を思いつき、クリスマスに一緒に帰省してほしいと頼む。

ピーターとニックは一緒に帰省するが、ピーターの母親が自身のイケメントレーナーとピーターのブラインドデートをセッティングしたことで、ピーターの計画は狂い出す。

名称未設定のデザイン (76)

感想(ネタバレなし)

この映画から、愛を教わった。

デートに誘われたい

プレゼントをもらいたい

好きと言ってもらいたい

目に見えるように、実感できるように愛が欲しい。

そう、愛は欲しがられる。

好きだから愛されたいのか

愛されてるから好きなのか

愛の形は人の数だけ、また、カップルの数だけ存在するが、その愛は相手への愛なのか自分への愛なのか、分からなくなることがある。

しかし、この映画は、真っ直ぐな愛について、またその愛の行く末を教えてくれた。

好きだから、彼を大切にする。

彼が大切にしているものも大切にする。

彼の未来を応援する。たとえその未来に自分がいないとしても。

自分が大切にしたいと思ったから、見返りなんて一ミリも求めない。

ただ自然と頭に浮かび、行動する。

客観的に見ている私たちは、それは愛から生まれるものだと感じ、嬉しく思い、切なくも思い、どうか届けと願った。

どうか、この愛の行く末を見届けて欲しい。

【情報】
製作国:アメリカ(2021年)
日本では劇場未公開:2021年にNetflixで配信
監督:マイケル・メイヤー
キャスト:マイケル・ユーリー/ファイリーモン・チェンバース/キャシー・ナミジー


ゲイ専用結婚相談所ブリッジラウンジ

無料お相手診断はこちら↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

LGBTQ関連の法整備について

LGBTQ関連の法整備 世界ではLGBTQ関連に関する法整備が進みつつある。 LGBTQ関連に関する法律は、『同性婚法』『差別禁止法』『トラ...

NEWS

【HIV予防】ゲイとPrEP

PrEPとは PrEP(プレップ)とは、性行為前に薬を内服するHIV予防法。 PrEPは方法名称のことで、実際は「ツルバダ」「デシコビ」とい...

Bridge Lounge

App Store