NEWS

「国際男性デー」とは、100年以上の歴史がある3月8日の「国際女性デー」に比べて知名度は低いが、日本国内においても男性の役割や健康について考える日として、少しずつ広がりつつある。

国際男性デーとは

11月19日は、「国際男性デー」である。

男性の健康や、世界中のジェンダー平等を称える日であり、ジェンダーレスを促すことを目的としており、バイセクシャルの男性・トランスジェンダーなども対象である。

「男性だから」という固定概念に捉われない生き方を推奨し、実現を誓う記念日だ。

これまで、男尊女卑の考えを改めようと「女性の権利」は多く語られてきたが、近年では男性差別が問題化するケースが増えてきている。

「男性が女性をリードすべき」「男性が女性を養うべき」などの考え方を持つ人は、残念ながら今日もゼロとは言えない。

「男性だから」というジェンダーの差別意識を変えるために今一度現状を見つめ考え直すことが、「国際男性デー」の基本となる。

名称未設定のデザイン (47)

国際男性デーの歴史

1999年11月19日、カリブ海の島国トリニダード・トバゴにて国際男性デーが誕生した。

その後、オーストラリア、北アメリカ、アジア、ヨーロッパ、アフリカにも広がりを見せ、1999年以降、国際男性デーには、各国にてフォーラムや公開セミナー、講演活動などが行われている。

名称未設定のデザイン (49)

国際男性デーとゲイ

世界中のジェンダー平等を称え、「男性だから」という差別意識を今一度考え直すこの記念日はゲイにとっては一層他人ごとではない。

前項にて述べたように、「男性が女性リードすべき」「男性が女性を養うべき」などの考え方が未だ蔓延している今日において、「男性が女性を好きであるのは当然だ」と多様な性の在り方を侵害する声も未だにやまない。

このような固定概念および差別意識が解決していない現状は、ゲイにとってまだまだ生きづらい世の中だ。

ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーなど、セクシャルマイノリティは、13人に1人、およそ総人口の約8%であり、この割合は、左利きの人とおよそ同じ割合と言われている。

左利きの人のために、専用のハサミやグローブがあるように、ゲイの人のために工夫や環境が用意されていていいはずだ。

名称未設定のデザイン (50)

ゲイ専用結婚相談所「ブリッジラウンジ」

東京都渋谷区にて、ゲイ専用結婚相談所「ブリッジラウンジ」があるのはご存じだろうか。

日本で唯一のゲイ専用結婚相談所であり、ゲイの真剣なパートナー探しをサポートするお見合いサービスである。

長期交際を目的とした真面目な出会いを求めているゲイの人のみが入会できる制度であり、専任コンサルタントによるサポートのもと、お見合い相手の紹介からお見合いの日程調整が行われる。

ゲイマッチングアプリやゲイ掲示板の利用者は比較的多く認知度も高いが、より真剣な交際を求め、安心できる環境でパートナー探しをしたいゲイの人にとって、「お見合い」という新たな選択肢が生まれていることは、この国際男性デーの祝福に値する。

「男性だから」や「男性らしさ」という固定観念をなくし、男性および性別にとらわれず全人類が自由に、個々を尊重し合う社会になることを願い、今年も国際男性デーを迎える。


ゲイ専用結婚相談所ブリッジラウンジ

無料お相手診断はこちら↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

同性婚、東京地裁判決日が迫る

同性婚を認めぬ規定 2022年11月30日、東京地方裁判所にて同性婚を認めぬ規定に対し判決が言い渡される。 2019年2月、同性婚を認めない...

NEWS

国際男性デーとゲイ

「国際男性デー」とは、100年以上の歴史がある3月8日の「国際女性デー」に比べて知名度は低いが、日本国内においても男性の役割や健康について考...

Bridge Lounge

App Store