NEWS

9月25日の区議会本会議の場で「足立区は滅んでしまう」という発言について問題になっていた、東京都足立区の白石正輝区議(79)が10月20日の区議会本会議で発言を撤回し、謝罪をした。

 

9月25日の区議会本会議の一般質問での発言直後から抗議殺到し、白石氏がこれに対して「謝罪する気はありません」と意思を表明したことで、更に批判・署名の動きも高まっていった。

kon-karampelas-j81TJgBMB-0-unsplash (1)

10月20日、白石氏の謝罪は以下の通り。

議員として差別的な発言と受け止められる表現があり、不快な思いをされた方々、傷つけたすべての皆様に対してこの場をお借りしてお詫びを申し上げます。

一般質問を振り返りますと、LGBTと少子化問題を結びつけた私の価値観を主張した部分が2点、また結婚においては、『普通の結婚』という自分の価値観を押しつけるような不適切な表現があった点、『足立区は滅びる』といった点につきましては差別的な発言と受け止められる表現であったとあらためて認識しております。

これらの部分については発言の撤回をさせていただきたいと思います。

このたびは私の認識の甘さにより、たくさんの方々の心を傷つけ、苦しめてしまったことに対して深くお詫び申し上げますとともに、今回の発言の重さを反省し、今後はLGBTでお悩みになられている方々への性の多様性を受けいれられるよう、努力して参りたいと思います。

私の発言により不快な思いをされた方々、傷つけたすべての皆様、また、ご心配とご迷惑をおかけした足立区民の皆様方に対して心からお詫びを申し上げます。

joakim-honkasalo-DurC25GdOvk-unsplash

白石氏は、9月25日の区議会本会議の一般質問での発言の3ヶ所を取り消す申し出も提出済み。

議会に許可されたため、議事録と区議会ホームページ動画から発言は削除される。

 

≪以下、削除部分

しかも加えてですね。性の多様化だとか、LGBTといわれて、性の自由は尊重しようという地方自治体があちこちに今生まれつつある。私は人間の生き方ですから、本人の生き方に対して干渉しようとは思いません。
LであろうとGであろうと、本人の生き方に干渉しようとは思いませんけれども考えてください。

こんなことあり得ないことですけれども、日本人が全部L、日本人が男は全部G、次の世代生まれますか?一人も生まれないんですよ。
次の世代を担う子どもたちが1人も生まれない。本当にこんなことでいいんだろうか。


先ほど取り上げたLGBTの問題。BとTについては、これは生まれつきのこともありますから、必ずしもここでいろんなことを言うべき事ではないのかもしれません。

でも、L、レズとG,ゲイについてだけはもしこれが足立区に完全に広がってしまったら、足立区民いなくなっちゃうの、もう100年とか200年の先の話じゃない。

私たちの子どもが一人も生まれないということですから。もう次の時代、30年後か40年後にいなくなっちゃう。そのことを考えた時に性の多様性とか性を尊重する、そのことはわかります。そのことはわかりますけれども、これを学校教育で取り上げた時には、普通の結婚をして、普通に子どもを産んで普通に子どもを育てることがいかに人間にとって大切なことであるか。

いや、LだってGだって法律で守られてるじゃないかなんていうような話になったんでは、足立区は滅んでしまう。

jordan-mcdonald-Bzd1qPySNvk-unsplash
共産などは白石氏に対する問責決議案を出したが、賛成少数で否決。

白石氏は16日に区議会厚生委員長の辞任を申し出ているが、議員辞職はしない意向とのこと。


 

ゲイ専用結婚相談所 ブリッジラウンジ
無料お相手診断テストはコチラ
1200x630-1024x538

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

ハンガリーで高まるLGBT運動とその背景

7月24日、ハンガリーの首都ブダペストで気温30度を超える中、LGBTの権利拡大を求める「プライドマーチ」が開かれた。 参加者数は過去最多と...

Bridge Lounge

App Store