NEWS

アジア最大級とされる性的少数者(LGBT※)のパレードが10月26日、台北市内で開催された。

(※レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの略)

2019年5月、アジアで初めて同性婚を認める特別法が施行された台湾。

性的マイノリティーだけではなく、支援する人々も増加。
主催者団体によると、今年は台湾の内外から200を超える団体を合わせて、約20万人が参加し、隊列は台北市政府を午後1時半に出発、総統府前のケタガラン大通りまで、約5.5キロを練り歩いた。

mercedes-mehling-7J7x8HLXQKA-unsplash

主催者団体の代表、鄭氏は、「同性婚特別法によって完全な平等が得られたわけではないが、台湾におけるジェンダー平等へのマイルストーンとなった」と述べ、さらなる相互理解に期待を示した。

台湾では同性婚が合法化された5月から8月までに、およそ1800組の同性カップルが結婚の届け出を行っているが、

・同性婚が合法化されていない国の人との結婚

・血縁のない子どもとの養子縁組

上記は認められていないため、パレードに参加した人たちは「愛に国境はない」と声をあげ、異性愛者同様の権利を認めるよう訴えていた。
alice-donovan-rouse-1TqTPPz3xpg-unsplash

日本と比べると台湾は開放的な国であるが、それでも、社会全体の理解へ向けて解決しなければならない課題は多くある。

17回目となる今年のテーマは「良き隣人」。
家庭を持ったLGBTを受け入れる社会の実現を目指す。

 


ゲイの真面目な出会いはブリッジラウンジで。
600x500_006 (1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

「同性婚元年」の台湾LGBTパレード

アジア最大級とされる性的少数者(LGBT※)のパレードが10月26日、台北市内で開催された。 (※レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランス...

Bridge Lounge

App Store