NEWS

性的少数者(LGBT)の調査機関が、職場や学校などの環境における意識行動実態を発表した。

プレスリリースに寄ると、①LGBT 層の51.6%が職場や学校でのLGBTへの理解・配慮を望んでいる。②LGBT であることをカミングアウトしているのはごくわずかで、4.3%が職場でカミングアウトしているなどがわかった。詳細は、下記URLから見て欲しい。

専門シンクタンク「LGBT総合研究所」
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2017/02/20170208_2.pdf

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LIFE

NEWS

群馬県、LGBTの里親 認定の意向

昨年12月に、全国初の「同性カップル」が里親として、大阪市から認定された事例を踏まえ、 群馬県も性的少数者(LGBT)のカップルであっても、...

App Store

Google Play

Ranking