NEWS

アメリカ合衆国の国務省のケリー国務長官から過去の国務省におけるLGBT差別を謝罪した。

ケリー米国務長官は9日、長年にわたり性的少数者(LGBT)であることを理由に不採用にしたり職員を解雇したりした国務省の過去の慣習について「間違っていた」と認め、謝罪する声明を発表した。(共同通信 2017年1月10日)

1月20日の政権交代を前にしてこうした声明を出されたことで、トランプ新大統領のLGBTに対する今後の対応が気になるところだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LIFE

NEWS

群馬県、LGBTの里親 認定の意向

昨年12月に、全国初の「同性カップル」が里親として、大阪市から認定された事例を踏まえ、 群馬県も性的少数者(LGBT)のカップルであっても、...

App Store

Google Play

Ranking