NEWS

ソフトバンクは今月27日に、社内でLGBTなどの性的マイノリティへの差別やハラスメントを禁止することを社内規定に盛りこむと発表した。

LGBTに関しては社内の差別禁止条項に「性別や性的指向に関係なく互いの人権を尊重する」と新たに盛り込む。妊娠などに伴う「マタハラ」や、育児を申し出る男性にいやがらせする「パタハラ」についても「不当な言動により就業環境を害する行為を禁止する」とした。(日経新聞Online)

ソフトバンクは、パートナーシップ証明がなくても家族割が適応されるなど、LGBTに対して当初から積極的に取り組みを行っている企業。今まで社内規定に反映されていなかったことが意外である。

2017年もこのように多くの企業が職場改善を行うことを期待したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

大阪府、パートナーシップ制度導入

LGBTなど性的マイノリティーのカップルを夫婦に相当するパートナーとして公に認める、「大阪府パートナーシップ宣誓証明制度」が2020年1月2...

NEWS

LGBT自己表現の自由を保障

東京都港区が4月の施行を目指し、トランスジェンダーなど性的少数者(LGBT)の外見の表現の自由を保障するため、「港区男女平等参画条例」を改正...

Bridge Lounge

App Store