NEWS

群馬県安中(あんなか)市では、来年4月より、印鑑申請に必要な証明書の性別記載欄を廃止することを決定した。

電算システムの改修や市条例の規則改正をへて実施する。市が保管する「原票」についても、条例改正をしたうえで記載を無くす方向で検討しているという。(朝日新聞デジタル)

「印鑑登録証明書は、各自治体の裁量で記載事項が決められる書類の一つ」(前掲)。トランスジェンダーの人をはじめ、性的マイノリティの中には自分の「体の性」と「こころの性」が一致しない人もいる。今回の市の決定はそうしたセクシャルマイノリティへのプライバシーの保護の意味もあるとのことだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

LGBT自己表現の自由を保障

東京都港区が4月の施行を目指し、トランスジェンダーなど性的少数者(LGBT)の外見の表現の自由を保障するため、「港区男女平等参画条例」を改正...

Bridge Lounge

App Store