NEWS

コンビニエンスストア大手のローソンが、社内でのLGBTに関する理解促進を図っている。

性的少数者(LGBT)が安心して働けるように職場環境を整備するチームを立ち上げた。人事関連の担当者4人で構成し、LGBTに対する社内の理解を深めていく。コンビニエンスストアの加盟店のオーナーや従業員が記入する資料の一部でも、性別欄を無くす取り組みを始めた。今後は行動計画の策定などを検討していく。(日経電子版 2016年12月21日)

さらに、社内の資料の一部でも、性別記入欄を無くす取り組みを実施しているという。このような取り組みが、同社内で更に広まればと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LIFE

NEWS

群馬県、LGBTの里親 認定の意向

昨年12月に、全国初の「同性カップル」が里親として、大阪市から認定された事例を踏まえ、 群馬県も性的少数者(LGBT)のカップルであっても、...

App Store

Google Play

Ranking