NEWS

コンビニエンスストア大手のローソンが、社内でのLGBTに関する理解促進を図っている。

性的少数者(LGBT)が安心して働けるように職場環境を整備するチームを立ち上げた。人事関連の担当者4人で構成し、LGBTに対する社内の理解を深めていく。コンビニエンスストアの加盟店のオーナーや従業員が記入する資料の一部でも、性別欄を無くす取り組みを始めた。今後は行動計画の策定などを検討していく。(日経電子版 2016年12月21日)

さらに、社内の資料の一部でも、性別記入欄を無くす取り組みを実施しているという。このような取り組みが、同社内で更に広まればと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

匿名検査導入で同性愛者に配慮

韓国では5月6日に外出制限令が緩和され、新型コロナウイルス対策で世界の模範とこれまで伝えられてきたが、ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)の...

Bridge Lounge

App Store