NEWS

LGBT(性的少数者)が働きやすい職場環境を整備している、ジョンソン・エンド・ジョンソンの取り組みを紹介したい。

日軽産業新聞によると、11月15日、東京・飯田橋のイベント会場でJ&Jの社内組織「オープン・エンド・アウト」が約200人の社員を集めてイベントを開催。さらに、11月1日には、異性と結婚した社員だけに支給してた配偶者手当を、同性パートナーを持つ社員も対象したという。

人事統括責任者の坂口繫子氏のコメントを紹介したい。

「人にはそれぞれ目に見えない『違い』があることを社員に理解してもらうことで、会社の人材の多様性が高まる」(日経産業新聞 2016/12/1)

同社の取り組みを、これからも注目していきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store

Google Play

Ranking

5位

LIFE

ゲイの先生が直面する3つの困難(下)

今回も、前回の記事に引き続いて、筆者自身や知り合いのゲイ・バイセクシュアルの先生の体験談を元に「ゲイの先生が直面する困難」を紹介しよう。 &...