NEWS

今年の参院選で、性的少数者(LGBT)への理解増進と法整備をするとした自民党だが、その後の状況が見えないという。

自民党にはもともと、男女の婚姻と複数の子どもといった「伝統的な家族観」を重んじる議員が多く、性的少数者をめぐる課題解決に積極的とはいえない。2014年の衆院選では、NPO「レインボープライド愛媛」のアンケートに「人権問題として取り組まなくてよい」と回答。党の「家族の絆を守る特命委員会」では昨年3月、複数の議員から同性愛について「考えるだけでぞっとする」などの発言があり、笑いが起きた。(朝日新聞デジタル 2016年11月19日)

LGBTの投票を取り込むために、一時的にLGBT支援を掲げていただけなのだろうか。自民党内も賛否両論があると思うが、一刻も早くLGBT支援に前向きになって欲しいと願う。

※画像は、line公式ブログより

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LIFE

NEWS

群馬県、LGBTの里親 認定の意向

昨年12月に、全国初の「同性カップル」が里親として、大阪市から認定された事例を踏まえ、 群馬県も性的少数者(LGBT)のカップルであっても、...

App Store

Google Play

Ranking