NEWS

ナチス政権下の男性同性愛者(ゲイ)たちの強制収容所での生き様を描いた映画に、俳優の佐々木蔵之介氏が主演している。ナチス政権下では、多くの同性愛者も、強制収容所で虐殺されたという。

佐々木氏は、片方のパートナーを殺害するように将校から強要され、そのパートナーを殺めてしまった人物を演じている。このようなストーリーについて、佐々木氏自身は重く受け止めていたようだ。

台本を読み、越えるべきハードルが多すぎると感じた。「舞台はドイツで、同性愛者で、強制収容所。僕がこれを伝えられるのかなという怖さはあった」(朝日新聞デジタル 2016年06月30日)

佐々木氏の真摯な姿勢がかいま見える。当メディアでも、この舞台をオススメする。7月24日まで開催されている。

※写真は、BENT公式サイトの写真を一部切り取りして使用

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store

Google Play

Ranking

5位

LIFE

ゲイの先生が直面する3つの困難(下)

今回も、前回の記事に引き続いて、筆者自身や知り合いのゲイ・バイセクシュアルの先生の体験談を元に「ゲイの先生が直面する困難」を紹介しよう。 &...