NEWS

札幌市で活動をしているLGBTグループが、同性カップルに結婚と同等の関係を認める「ドメスティックパートナーシップ制度」の創設を、呼びかけている。

グループが制度を要望するのは、こうした問題(住居の賃貸契約ができないことなど)を解消するのが目的だ。生活を共にするLGBTカップルらの関係を行政が公的に認めることで、事業者に対応の改善を促す狙いがある。グループは今年、要望活動を開始。市内に住むLGBTを含む140人超の賛同者を集めたという。(朝日新聞デジタル 2016年6月5日)

グループの一人である工藤久美子氏は、同性婚よりも、パートナーシップ制度の実現を要望。「結婚は家同士の結びつきという考えもあって窮屈。パートナーと自由な関係のまま社会的なサービスを受けるためには、制度の方がいい」(前掲)と話してる。

地方では、またまだ伝統的家族観が根強い。そのため、LGBTのカップルにおいて、双方の親族への説明は大変だと聞く。そのような中、札幌市において同制度の創設が実現させ、北海道の他の地域にも派生することを期待したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store

Google Play

Ranking

5位

LIFE

ゲイの先生が直面する3つの困難(下)

今回も、前回の記事に引き続いて、筆者自身や知り合いのゲイ・バイセクシュアルの先生の体験談を元に「ゲイの先生が直面する困難」を紹介しよう。 &...