NEWS

男性から女性に戸籍変更をした文筆家の能町みね子氏が、「オネエ」と呼ばれることに不快感を示した。

(テレビ界に伝えたいことについて)オカマ、ニューハーフ、オネエと基本的には色物という存在にしてきたと思うが、それだけで笑っていいとする認識はおかしい。自分は異端じゃないと認識する人たちにとって性的マイノリティーは明らかに異端の存在で、怖い、だからいじめたいと感じるのだと思う。(毎日新聞デジタル 2016年5月16日)

世論形成に多大な影響を与えるテレビで、このような内容が発信された場合、それを見た多くの人々は、LGBTについて「色眼鏡」を掛けて見てしまう。その結果、間違った認識をしてしまうだろう。「我々は、見てから定義するのではなく、定義してから見るのである」(ウォルター・リップマン、1889年〜1974年)と言われるように、固定観念(ステレオタイプ)を払拭することは困難なのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

ハンガリーで高まるLGBT運動とその背景

7月24日、ハンガリーの首都ブダペストで気温30度を超える中、LGBTの権利拡大を求める「プライドマーチ」が開かれた。 参加者数は過去最多と...

Bridge Lounge

App Store