NEWS

フィリピンで国民的な人気を博す元プロボクサー、マニー・パッキャオ氏は、LGBTへの差別発言が原因で、同国の下院選挙でトップ当選出来なかったという。

「フィリピンの英雄」として知名度は抜群だが、下院議員としての議会出席率(2014年)が1割に満たなかったことや、「もし人間が同性愛を認めるなら、人間は動物より劣っている」との差別的な発言で批判を浴び、トップ当選は果たせなかった。(朝日新聞デジタル2016年05月20日)

日本においても、今年は衆院選が予定されている。LGBT票を求め各党がPRをしてくることも予想されるが、内実が伴った政策を期待したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store

Ranking