NEWS

ユニバーサルデザイン(文化・障害・能力を問わず、誰でも利用できるという概念)を駆使した、コンサルティング業務を実施する、株式会社ミライロ代表の社会的少数者に関する発言が興味深い。

車いす使用者である同社代表の垣内俊哉氏は、自身が歩けないことを前向きに考えられることになったのは、大学時代のアルバイトで、飛び込み営業をした経験だという。

(アルバイト先の)社長から「営業をやれ」といきなり言われたのです。

車いすで営業なんてと驚きました。文字通りのアポなし飛び込み営業です。

車いすの私がまわれる会社の数は他の人より少なかった。でも営業成績はトップクラスでした。

車いすの私はすぐ名前を覚えられ、「お、また垣内が来た」と言ってもらえた。歩けないから覚えてもらえる。

私にとって尊い体験でした。(朝日新聞デジタル 2016年2月13日)

垣内氏は、「つらい過去もコンプレックスも必ず強みになる」(前掲)と発言。例えば、障害者を雇用するミライロ社が、障害者対応の研修をする場合、リアリティーのある内容になるという。

社会的少数者のみならず、一般ビジネスパーソンにも参考になる意見を垣内氏は示してくれていると思う。

※画像は、ミライロ社ホームページより

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

App Store

Google Play

Ranking