NEWS

航空会社のANAとJALは、航空機の利用にともない貯まるポイントである「マイル」を同性カップルでも共有できるものにすると発表した。以前から配偶者や家族では共有できていたが、その中に「同性カップル」は含まれていなかった。

しかし今日の、渋谷区の「パートナーシップ条例」などの社会的な動きや、世界的なLGBTへの理解の高まりから、「同性カップル」もマイルの共有の対象とする決定をした。

日本航空マイレージ事業部の西田真吾部長は「家族の形が時代に応じて変わり、お客様のニーズが多様化している。われわれもそうした要望に柔軟に応えていきたい」(NHK NEWS WEB2016/02/24)

家族の形が多様なものになるにつれ、それに付帯するサービスも変化してゆく。企業だけでなく行政にも、柔軟に対応できるような施策が求められる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

NEWS

大阪府、パートナーシップ制度導入

LGBTなど性的マイノリティーのカップルを夫婦に相当するパートナーとして公に認める、「大阪府パートナーシップ宣誓証明制度」が2020年1月2...

NEWS

LGBT自己表現の自由を保障

東京都港区が4月の施行を目指し、トランスジェンダーなど性的少数者(LGBT)の外見の表現の自由を保障するため、「港区男女平等参画条例」を改正...

Bridge Lounge

App Store